坂本龍馬 最期の4年間年表 - 忘れの里 雅叙苑

(天保6年11月15日〜慶応3年11月15日)
(西暦 1836年1月3日〜1867年12月10日)
一介の土佐の脱藩浪人の身でありながら、幕末の 激動期に、近代日本の政治基盤の礎を作った。 当時、孤立していた長州藩を、薩摩藩と連合させる ことで、幕府に対抗できる勢力を誕生させた。 日本初の商社と言われる「亀山社中」「海援隊」も運営し 倒幕後の政治体制の草案も書き上げた。 幕末最強のコーディネーターと言っても過言ではない。
(監修:大竹仁一/「貸切温泉どっとこむ」代表)

龍馬最期の4年間年表(旧暦)

2月9日

勝海舟に従い長崎へ(外国連合艦隊の下関砲撃調停の命を受け)


2月20日

熊本の横井小楠を訪れる


2月23日

初めて長崎に到着(近藤長次郎、望月亀弥太、千屋寅之助、高松太郎ら随行)


4月4日

勝海舟とともに兵庫に向けて出立(神戸海軍操練所建設のため)


4月6日

再び熊本の横井小楠を訪問


4月12日

兵庫に到着


5月某日

京都でおりょうと出会う


5月28日

神戸海軍操練所の修業生募集を開始


6月1日

江戸へ出立


6月5日

京都で池田屋事件が勃発(龍馬の同士・望月亀弥太が死亡)【池田屋事件】


6月17日

勝海舟と下田港で会い、蝦夷地開拓計画を提案


7月11日

佐久間象山が暗殺される


7月19日

京都御所・蛤御門で、薩摩・会津連合軍と長州軍が激突(長州が京から敗走)【禁門の変】


7月28日

神戸に戻る


8月1日

京都に入り、金蔵寺住職の媒酌でおりょうと内祝言をあげる→おりょうを寺田屋に預ける


8月5〜7日

長州藩が、四国(英米仏蘭)連合艦隊の砲撃を受ける


8月13日

幕府が征長令を発令


8月14日

長州藩、4ヶ国と講和


8月某日

京都で勝海舟の使者として西郷吉之助と初めて面会


8月23日

神戸に帰る


8月29某日

大坂を出立


10月22日

勝海舟が幕府より江戸召還命令


11月10日

勝海舟、軍艦奉行を罷免される


12月某日

薩摩藩は龍馬らを「船の手先」として雇い入れる事を決める


3月18日

神戸の海軍操練所が廃止される


4月5日

京都で元・土佐勤皇党の土方久元と面会


4月某日

中岡慎太郎と薩長和解を策す


4月12日

幕府、第2次征長令を発す


4月22日

西郷吉之助、小松帯刀に同行して薩摩へ向けて京都を出立


5月1日

鹿児島に到着→西郷邸に入り、後に小松邸に移る。この間、長州への出兵拒否、薩長和解への藩論をまとめる。その意思を長州に伝える事を依頼される。


5月16日

長州に向けて鹿児島を出立。他の同志らも長崎に出張する小松帯刀に同行。


5月19日

途中、熊本の横井小楠を訪問


5月24〜27日

大宰府で三条実美ら五卿に謁見、薩長和解を説く


5月19日

途中、熊本の横井小楠を訪問


閏5月6日

下関で桂小五郎と会見、薩長和解を説く。土方久元らの訪問を受ける。


閏5月11日

土佐で武市半平太が切腹、岡田以蔵は斬首


閏5月16日

中岡慎太郎、西郷吉之助に同行(薩長和解のため下関に向け鹿児島を出立)


閏5月18日

中岡慎太郎、佐賀関で下船→西郷吉之助は下関に寄らず大坂へ向かってしまう


閏5月21日

中岡慎太郎、下関に到着→桂小五郎、西郷に対して憤激す(薩長和解策ならず)


閏5月29日

西郷説得のため、中岡慎太郎とともに京都に向けて下関を出立


6月29日

京都薩摩藩邸に入り西郷吉之助と会談。長州藩に薩摩藩名義で軍艦・洋式銃の購入を打診→快諾を得る


7月頃

長崎にて「亀山社中」創立


7月21日

長州藩の井上聞多(馨)と伊藤俊輔(博文)が、武器・軍艦購入のために長崎入り


7月27日

吉田東洋の門下生・福岡孝悌(たかちか)とともに宇和島藩8代藩主・伊達宗城と謁見


8月26日

「亀山社中」近藤長次郎の周旋により、英商人グラバーから7,300挺の洋式銃を仕入れ、長州の井上、伊藤に引き渡す


9月9日

姉の乙女に宛てた手紙で、おりょうの事を初めて紹介


9月24日

西郷吉之助とともに大坂へ


10月3日

山口に入る


10月4日

長州藩士・広沢真臣と面会し薩摩への兵糧提供の確約を得る


10月7日

下関の白石正一郎を訪問


10月11日

長州藩士・印藤聿(いんどうはじめ)と面会


10月14日

桂小五郎、高杉晋作、井上聞多(馨)、伊藤俊輔(博文)らと会食


10月18日

龍馬、近藤長次郎の周旋により、英商人グラバーから軍艦ユニオン号を薩摩名義で買い、桜島丸に改称。


10月21日

下関で桂小五郎と会談


11月某日

「桜島丸」(ユニオン号)に乗り込み長崎に寄港、その後下関に出航


11月7日

幕府が諸藩に長州出兵を命じる【第一次長州征討】


12月3日

下関に到着


12月14日

長州藩海軍局・中島四郎と「桜島丸新条約」を締結


1月1日

下関で長府藩士・三吉慎蔵と出会う


1月某日

高杉晋作から拳銃を贈られる(このピストルで寺田屋で一命を取り留める)


1月10日

三吉慎蔵とともに京都に向けて出立


1月14日

英国密航の計画が露見、問責され、近藤長次郎が自刃


1月16日

神戸に到着


1月18日

大坂で幕臣・大久保一翁を訪問「身辺を厳重に警戒するように」と忠告を受ける→三吉慎蔵、新宮馬之助、池内蔵太とともに大坂の薩摩藩邸に入る


1月19日

伏見の寺田屋に宿泊(おりょうと再会)


1月20日

薩長会談はすでに10日間を費やしていた。薩摩は長州に対して山海の珍味で接待をするが、ふみこんだ同盟の話はせず、長州の桂は、帰国の準備をすると龍馬に話す→龍馬は京の薩摩藩邸で西郷に薩長和解を説得


1月21日

薩長同盟の仲介を果たす【薩長同盟の締結】


1月23日深夜

京都・伏見の船宿、寺田屋にて、伏見奉行所役人の襲撃を受けたが、おりょうの機転で一命を取り留める。手指に重傷を負う。【寺田屋事件】


1月30日

おりょうと薩摩藩邸に身を寄せる。


2月5日

桂小五郎の求めにより、薩長同盟文書に朱筆で裏書をし、長州に届けさせる


2月29日

おりょうといっしょに薩摩に向けて京都を出立


3月5日

薩摩藩船「三邦丸」に乗船→薩摩へ


3月8日

長崎に寄港し、近藤長次郎の墓参をする


3月10日
(新暦4月24日)

鹿児島に到着【日本人初の新婚旅行・・・温泉湯治や登山を楽しむ】


3月16日
(新暦4月30日)

船で浜之市港に寄港→日当山温泉に宿泊
※小松帯刀夫妻は3月14日より4月8日まで25日間霧島栄之尾温泉へ湯治に出発


3月17日
(新暦5月1日)

塩浸温泉に到着する/この日から11泊して手傷の治療湯治をする


3月28日
(新暦5月12日)

栄之尾温泉に滞在中の小松帯刀を見舞った後、霧島温泉に向かう


3月29日
(新暦5月13日)

念願の高千穂峰の登山。途中、高千穂峰をスケッチする。華林寺に泊まる。


3月30日
(新暦5月14日)

硫黄谷温泉に泊まる


4月1日
(新暦5月16日) 

再び塩浸温泉に戻り7泊する


4月8日
(新暦5月22日)

再び日当山温泉に3泊する


4月11日
(新暦5月23日)

浜之市に戻り船待ちで1泊(宿は不明)


4月12日
(新暦4月24日)

乗船し鹿児島に戻る→小松帯刀の原良別邸で約50日間滞在
この頃、「亀山社中」は薩摩藩の援助により帆船ワイルウェフ号を英商人グラバーから購入


5月1日

「桜島丸」「ワイルウェフ号」が鹿児島へ向け長崎を出港


5月2日

未明に、五島列島の中通島潮屋崎沖で嵐に見舞われ「ワイルウェフ号」が沈没。黒木小太郎、池内蔵太ら12名殉難。「桜島丸」は長州藩から薩摩藩に供与する兵糧米500俵を積み鹿児島に入る。薩摩は丁重に受け取りを辞退(亀山社中がもらいうける)。


5月28日

勝海舟、軍艦奉行に再任される


5月29日

西郷隆盛と会見


6月1日

おりょうと桜島丸に乗船


6月4日

長崎に寄港し、豪商・小曾根英四郎におりょうを預ける


6月7日

第二次幕長戦争【第二次長州征討】


6月14日

下関に到着し、高杉晋作から小倉口での参戦を依頼される


6月17日

「桜島丸」で参戦。長州軍艦4隻とともに小倉藩領を砲撃、長州に勝利をもたらす


6月20日

白石正一郎邸で高杉晋作と面会


6月25日

山口で長州藩13代藩主・毛利敬親に謁見


7月4日

下関に戻る


7月20日

大坂城にて14代将軍・徳川家茂、21歳で死去


10月3日

「亀山社中」、薩摩藩から一人当たり月給3両2分を受け取る


10月28日

プロシア商人・チョルチーから帆船「大極丸」を購入


11月某日

長崎で土佐藩士・溝淵広之丞と再会


11月下旬

薩摩藩士・五代才助と長州藩士・広沢兵助を説き、下関に両藩合弁の商社の設立を計画


12月5日

一橋慶喜が第15代将軍に就く


12月25日

孝明天皇、崩御


1月5日

下関の中岡を訪ね面会


1月9日

下関より長崎へ向かう


1月11日

長崎到着


1月12日

溝淵らの仲介で、長崎「清風亭」にて、土佐藩参政の後藤象二郎と会見


2月

この頃から才谷梅太郎の変名を使用/中岡とともに脱藩罪を許される


3月20日

長崎で中岡の来訪を受ける


4月8日

「いろは丸」が長崎に入港


4月上旬

土佐藩から再度、脱藩の罪を許され、薩摩藩がスポンサーだった「亀山社中」を改編し、土佐藩付属の「海援隊」に/海援隊の隊長となる


4月19日

土佐商会(岩崎弥太郎が責任者)に対して海援隊士一人当たり5両の月給を要求/伊予大洲藩所有の蒸気船「いろは丸」(操縦は海援隊)が武器・商品を満載し長崎を出港


4月23日

「いろは丸」が大型の紀州艦「明光丸」と衝突し、沈没


4月24〜27日

備後の鞆港に上陸し、「明光丸」と談判。長崎で正否を決する事で合意


4月28日

大坂の菅野覚兵衛、高松太郎に手紙を書く


4月29日

鞆を出港


4月30日

鳥取藩士・河田左久馬と御手洗で面会


5月4日

下関の三吉慎蔵より「いろは丸」事件の見舞いを受ける


5月5日

三吉慎蔵に手紙を書く


5月8日

長崎に向け下関を出航


5月13日

長崎に入る


5月15日

海援隊、長崎で紀州藩との交渉を開始


5月22日

後藤象二郎と英国提督に面会


5月26日

「明光丸」船長・高柳楠之助と紀州藩代表・茂田市次郎と交渉


5月28日

おりょうに後藤象二郎と京に行くことになったと手紙を書く


5月29日

いろは丸事件、紀州藩が8万3000両の賠償金を支払うことで決着


6月2日

後藤象二郎邸で岩崎弥太郎を交え紀州藩との対策を協議し、夕刻に薩摩藩士・五代才助を丸山満喜楼に招き会談


6月6日

岩崎弥太郎を訪問し酒を酌み交す


6月9日

土佐藩船「夕顔丸」に後藤象二郎と乗船、大政奉還を盛り込んだ「船中八策」を作成(横井小楠の『国是七条』を参考に作られ、後に成立した明治政府の綱領の実質的な原本となる)


6月11日

兵庫に入る


6月14日

京の酢屋に入る/中岡慎太郎来訪


6月15日

明保野亭に中岡慎太郎を田中顕助と訪問


6月22日

龍馬、中岡立会いにより、京三本木料亭にて薩土盟約が締結(薩摩は西郷、小松、大久保、土佐は後藤、乾)


6月23日

中岡慎太郎、佐々木三四郎と会談


6月24日

姉乙女に中岡慎太郎を褒める手紙を書く


6月25日

中岡と岩倉具視を訪問


6月26日

西郷吉之助に大政奉還案を打診


7月1日

中岡と後藤象二郎を訪問


7月4日

後藤象二郎が大政奉還案を藩主に伝えるため土佐に向う/龍馬、中岡は大坂まで見送る


7月6日

長崎で「イカルス号水夫殺害事件」が起き、海援隊に嫌疑がかかる


7月20日

京に入る


7月25日

西郷吉之助を訪問


7月27日

宇和島藩8代藩主・伊達宗城に謁見


7月29日

京の越前藩邸で松平春嶽より山内容堂への書状を託され大坂に向う(大政奉還案)


8月1日

佐々木三四郎と薩摩藩船「三邦丸」で大坂出港


8月2日

「三邦丸」須崎入港、龍馬は土佐藩船「夕顔丸」に乗り換える


8月5日

海援隊士の長岡謙吉(船中八策の筆記者)とお登勢に手紙を書く


8月8日

兄・権平に須崎港にいることを伝える手紙を書く


8月12日

「夕顔丸」長崎に向け出港/土佐藩・佐々木三四郎、英外交官アーネストサトウも乗船


8月14日

下関に寄港、三吉慎蔵に手紙を書く


8月15日

長崎に入る


8月16日

佐々木三四郎と「イカルス号事件」を協議


8月17日

岩崎弥太郎や佐々木三四郎を訪問


8月18日

長崎奉行所が「イカルス号」水兵殺害審議


8月20日

長崎滞在中の木戸準一郎(孝允)に佐々木三四郎を紹介


8月21日

岩崎弥太郎に長州藩船修理のため1000両の借金を申し込む/海援隊の探索費用として佐々木高行より8両2分を受け取る


8月25日

岩崎弥太郎や佐々木三四郎を訪問


8月26日

佐々木三四郎に手紙を書く


9月3日

長崎奉行所で海援隊士の取調べに立会う


9月4日

木戸準一郎が龍馬に「挙兵討幕が急務で乾退助の役割が重要」と手紙を書く


9月7日

前土佐藩主・山内容堂が武力による討幕に反対し薩土盟約を解消


9月10日

「イカルス号事件」で海援隊士が無実と決定、佐々木三四郎らと内田屋で祝杯をあげる


9月14日

海援隊(陸奥陽之助)が蘭国商人ハットマンとライフル3000挺購入の契約を結ぶ/丹後田辺藩との産物交易契約もまとめる/岩崎弥太郎に土佐経由で大坂に向かう旨を告げる


9月18日

海援隊が芸州藩船「震天丸」に武器を積み長崎出港、土佐へ向かう/木戸準一郎よりの書簡を持参して土佐藩に1000挺を渡し大政奉還への藩論をまとめさせ京都へ向かう(陸奥陽之助・菅野覚兵衛・中島作太郎・戸田雅楽・岡内俊太郎同乗)


9月20日

下関で三吉慎蔵におりょうを預け伊藤俊輔と会う/木戸準一郎に手紙を書く


9月22日

「震天丸」で下関を出航/おりょうと最後の別れとなる


9月24日

戸田雅楽(尾崎三良)と土佐に入る/渡辺弥久馬に手紙を書く


9月25日

土佐藩に銃を売却


9月29日

高知の坂本家に帰る/脱藩以来、初めての帰郷(連夜の宴会)、最後の里帰りとなる


10月1日

「震天丸」浦戸を出港するが汽缶故障のため須崎に入港


10月3日

土佐藩単独で、大政奉還の建白書を幕府に提出


10月5日

土佐藩船「空蝉」で土佐出港


10月6日

大坂の薩摩屋に入る


10月9日

京都の酢屋に入る


10月10日

永井尚志を訪問、建白書の採用を願う/白川村に中島作太郎と中岡慎太郎訪問


10月13日

近江屋に移り後藤象二郎に激励の手紙を書く


10月14日

大政奉還が朝廷に上奏される


10月15日

大政奉還が受理される/同時期に倒幕派公家の岩倉具視らの画策によって「討幕の密勅」が発せられる


10月16日

後藤象二郎を訪問/戸田雅楽と「新官制擬定書」を作成


10月17日

薩摩藩士・吉井幸輔より転居を忠告される


10月18日

高台寺月真院の御陵衛士を訪問


10月24日

土佐藩士・岡本健三郎と福井に向う


10月28日

福井に入り福井藩士・村田巳三郎と面会


11月1日

福井藩主・松平春嶽に拝謁し上京を要請


11月2日

煙草屋旅館で福井藩士・三岡八郎(由利公正)に会い新政府の財政策を問う


11月3日

福井を出立、京に向う


11月5日

京都の酢屋に入り「新政府綱領八策」を草案


11月某日

西郷吉之助に新政府綱領八策と新官制擬定書を見せる


11月10日

中島作太郎が龍馬の代理として長崎で紀州藩代表と賠償金減額を妥協し京に向う


11月11日

京都町奉行大目付・永井尚志を訪問


11月13日

御陵衛士(元・新撰組参謀)・伊東甲子太郎が龍馬を訪問/陸奥陽之助に刀についての手紙を書く


11月14日

再び、京都町奉行大目付・永井尚志を訪問


11月15日

坂本龍馬(33歳/満31歳)、中岡慎太郎ともに近江屋で襲撃され死亡


11月16日

下僕・藤吉(25歳)死亡


11月17日

中岡慎太郎(30歳)死亡


11月18日

坂本龍馬、中岡慎太郎、藤吉の会葬、東山の霊山に埋葬される


12月2日

下関滞在中のおりょうに龍馬の悲報が伝わる


12月7日

陸奥陽之助ら海援隊、陸援隊士による紀州藩士への報復「天満屋事件」が起きる


12月9日

明治天皇による「王政復古の大号令」を発令


12月某日

江戸の千葉道場に坂本龍馬の悲報伝わる



父の日・母の日の贈り物にプラス1ステイ!!


ななつ星in九州 CRUISE TRAIN SEVEN STARS